店舗デザインと業者について知りたい人必見!知っておくべき知識について分かりやすくご紹介します

当サイトでは、店舗デザインの基本知識について紹介しています。
店舗によっては建物やテナントの構造に左右されます。
店舗設計はお店づくりをする基礎的な部分です。
構造・インテリアだけでなく店舗コンセプトやロゴの作成に到るまで、トータル面で設計図に落とし込んでいきます。
頭の中の理想を具現化するには、実際に立ちはだかる現実問題に対してどのように対策していくかが重要です。
今後出店を考えている店舗経営者向けの内容です。

店舗デザインと業者について知りたい人必見!知っておくべき知識について分かりやすくご紹介します

店舗デザインとは、お店の構造・導線・レイアウト・内装デザイン・インテリア・装飾などを考え、図面上に設計することです。
別名「店舗設計」とも呼ばれています。
店舗デザインを自分で設計することは難しく、デザイナーに頼むケースが大半です。
しかしながら、漠然とした店舗理想像を思い浮かべているだけでは設計図を作成することはできないといって良いでしょう。
デザイナーに依頼する際は、開業日や資金、店舗の物件情報を提供するとよりスムーズに店舗デザインを設計することができます。
特に物件情報は、内装設定を行う際の要となります。
図面だけではなく周辺情報の知識も共有しておくと、近所トラブルを回避することができます。

店舗デザインの基本は利便性を重視すること

店舗デザインと聞くと、「デザイン」という言葉から見た目の良さが大切だと思う人もいるでしょう。
もちろん、重要度は高いですが、それよりも優先したほうが良いのは利便性です。
これが十分でなければ、使い勝手の良くない店に仕上がってしまうからです。
営業が始まってからの店内の様子をイメージし、スムーズに働けるのか検証しましょう。
もし支障がありそうなら、店舗デザインの基本を踏まえていないことになります。
スタッフと顧客の動線をシミュレーションして、ストレスの生じない空間になっているか確認してください。
たとえば、ホールとフロアの往復において、遠回りをする必要があるなら改善の余地が大きいです。
あらゆる経路を想定し、内装を見直すことも必須になります。
こういった条件を満たしたうえで、はじめて見た目の良さを追求できる段階にシフトするのです。
どのような店舗であっても、利便性に関しては妥協しないで最高のレベルを目指すことが欠かせません。

店舗デザインを自分で決めるときの注意点

一般的に店舗デザインは専門家に任せるものですが、自分で決めようとする人も少なくありません。
しかし、やみくもに決定しようとすると、さまざまな面で問題が発生してしまいます。
いくつかの注意点を踏まえることで、そのリスクを小さくできます。
見栄えをよくすることが大事ですが、それよりも実用性を重視しなければなりません。
どのような店であれば、効率よく営業できるのか考えてください。
おしゃれな雰囲気が漂っていても、従業員がストレスを感じるような店では収益は上がっていかないからです。
だからといって、見栄えを軽視することも良くないので注意が必要です。
素人が店舗デザインを実施する場合、どちらか一方に偏ってしまう傾向があります。
経験不足によって視野が狭くなってしまいがちです。
最も重要なのは両者のバランスを取ることであり、来店客と顧客のどちらにとっても満足度の高い状態が理想です。
そうすることで集客力があって収益が伸びやすい店舗になるでしょう。

お店の雰囲気を良くするための店舗デザインのコツ

店舗デザインをするうえで、多くの経営者が望むのは十分な集客数を得ることでしょう。
そのためには、店舗の雰囲気が良くなるように工夫しなければなりません。
さまざまな観点から入りやすくて居心地が良い空間づくりを目指しましょう。
大きな窓を設置することは基本的なテクニックです。
外から店内の様子が分かりやすく、入ることを躊躇する人を減らせます。
日差しを程よく取り入れられるように、UVカットの素材を用いた窓にするのがセオリーです。
あえて厨房の様子を見えるようにするなど、自信がある部分をアピールすることも効果を期待できます。
通路を広めにとることも、雰囲気を良くするコツの一つです。
通路が十分でないと、いくら席にゆとりがあっても圧迫感が出てしまいます。
そのようなデメリットを発生させないように、最低でも人が接触せずにすれ違えるだけの幅は確保してください。
特に入口から続くメイン通路は、店舗デザインでこだわるべき重要なポイントです。

店舗デザインは他店と差別化することが大事

店舗が収益を上げるには、他店よりも魅力的な要素を持っている必要があります。
そこでポイントになるのは、店舗デザインの段階で差別化に取り組んでおくことです。
外枠がまったく同じなら、いくら内側に違いを持たせても、顕著な差を出すことは容易ではありません。
言い換えると、店舗デザインの段階で他店にはない仕様を盛り込むことが大事です。
たとえば、ショッピングに使われる店舗に、イートインやマッサージの空間を設けるという手があります。
それらに魅力を感じた顧客は、同じ商品を扱っている店があっても、こちらを選んでくれるでしょう。
そのような付加価値を設けることで、集客につなげることが大きな狙いです。
ただし、どのようなニーズがあるのか把握したうえで、適切に実施しなければなりません。
やみくもに差別化しても、その要素が顧客にとって望ましくないなら意味がないからです。
要素の候補をリストアップし、顧客満足度の向上に直結しやすいものを選別しましょう。

清潔感のある店舗デザインがおすすめ

日本では企業に所属して労働力を提供する対価で報酬を受け取る給与所得者の割合が高くなっていますが、独立して自分の考えで事業を展開したいと考える人も多くいます。
その方法は複数ありますが、店舗を構えて運営するオーナーの割合は高くなっていて、競争相手が多いことから店舗デザインを重要視している人は少なくありません。
そのため個性的な外観や内装に拘る場合もありますが、ここで注意しなければいけないのは常に清潔感を維持するような構造にすることです。
店舗デザインはオーナーの要望が強く反映されていて、それが個性にも繋がっています。
これが顧客の感性と適合していれば集客に繋がりますが、あまりに物品が多すぎると煩雑に感じてしまう傾向が強くなり、店を選ぶ立場にある客側からすると嫌悪感を覚えて別の店舗を選ぶ可能性があるでしょう。
これは清掃などを徹底しても解決する問題ではないので、店舗デザインでは全体的なバランスを考慮する必要があります。
一般的に人間は整理整頓されている空間を好み、無造作に物品が置かれているところを嫌います。
これは煩雑さを感じて清潔感が無いと判断するからであり、店舗デザインもこの部分を重要視することが大切です。

店舗デザインは外観にもお金をかけるべき

美容室などを新規に開業する場合には、立地条件やお店のコンセプトに合わせたデザインにする必要があります。
したがって店舗デザインと施工を発注する場合には、実績が豊富な会社を選ぶことが重要です。
小規模なヘアサロンやベーカリー向けの店舗デザインに強い会社は、オーナーのニーズにも的確に対応してくれます。
居心地の良い内装を追求する一方で、外観にもこだわるのが理想的です。
新規オープンしたお店を訪れる人たちは、お店の見た目も重視するからです。
お店のPRにも役立つ外観にするのが、早期に集客力を高めて店舗経営を軌道に乗せる最善の方法です。
確かに内装に加えて外部にもこだわると、設計と施工の費用は高額になります。
けれども早期にリピーターを増やせるので、店舗全体を総合的にプロデュースするメリットも大きいです。
とりわけ繁盛店のデザインを参考にして程よくアレンジすることが、新規にオープンした場合の集客力のアップにも直結します。

店舗デザインを依頼してからの一連の流れ

店舗デザインを依頼したら、まず始めに行うのは打ち合わせです。
施主と発注先の業者が打ち合わせを重ねて方向性やコンセプトを伝えて、それを受けてデザインを決めていきます。
デザインを作成し細部まで詰めて完成したら、次の流れは実際に工事を行う施工会社の選定です。
設計と施工を一括で引き受ける会社ならそのまま着工しますが、分離発注の場合は候補となる施工芸者を選定し、見積りを取りながら比較をして決めていきます。
実際に工事を行う会社が決まったら、いよいよ店舗デザインの工事が着工します。
工事中にはデザイナーが訪れたり業者が品質管理を行い、全てが終わると完成です。
店舗デザインが完成したらプラン通りに作られているか、不具合がないかなどを最終チェックします。
使用する什器まで細かくチェックし店舗運営に問題がないことが確認されたら、施主に引き渡して終わりです。
理想の店舗デザインが完成するまでには、このような流れがあります。

店舗デザイン会社に依頼する際は得意分野を確認

飲食店などで店舗デザインを変更しようと考えている方がいるかと思われます。
集客が上手くいっていないところでも、デザインを変更するだけでお客さんが多く入るようになったケースがあるので、行ってみる価値が十分あります。
女性などは店のデザインも含めて雰囲気の良いところを利用したいと考えているので、集客が良くないのであれば変えた方がいいです。
若い世代は写真をSNSにアップするため、お洒落なデザインにすると人気がかなり上がる可能性があります。
店舗デザイン会社に依頼する際にチェックするべきことがあり、それは得意分野です。
店舗デザインといっても得意なものと不得意にしているものがあるので、得意分野を確認して自分に店に適しているか見極める必要があります。
また、集客を高めるノウハウを持っていることも重要なポイントです。
自己満足で終わってしまっては意味がなく、集客に繋がらないとダメです。
実績がある店舗デザイン会社に依頼することをおすすめします。

店舗デザイン会社は優秀なスタッフが在籍しているところに依頼するべき

成功する店舗デザインを行うために必要なポイントは、様々な成功のための要素を理解している店舗デザイン会社を選ぶことにありますが、その見分け方が難しいと考えている人は少なくありません。
多くの会社では広告宣伝で様々な成功事例をふんだんに紹介しており、そのほとんどが非常に個性的なものであることが多いためです。
しかし実際に依頼をしてみると思ったほどの成果が上がらなかったり、自分のイメージと異なってしまうと言うことが多いのも実態です。
良い店舗デザイン会社を選ぶには、優秀なスタッフが在籍しているところを見分けることが必要です。
そのためにはその会社の広告宣伝だけではなく、実際の施工事例や口コミなどをチェックすることが良い方法となっています。
施工事例を見ることでその店舗がどれだけの効果を得たのか実際の集客等で知ることができますし、また口コミでは表には現れない様々なデメリットなども知ることができるのがポイントです。
これらをチェックすることで、そのスタッフの能力を知ることができ良い店舗デザイン会社を見つけることができます。

店舗デザインに関する情報サイト
店舗デザインの基本知識

当サイトでは、店舗デザインの基本知識について紹介しています。店舗によっては建物やテナントの構造に左右されます。店舗設計はお店づくりをする基礎的な部分です。構造・インテリアだけでなく店舗コンセプトやロゴの作成に到るまで、トータル面で設計図に落とし込んでいきます。頭の中の理想を具現化するには、実際に立ちはだかる現実問題に対してどのように対策していくかが重要です。今後出店を考えている店舗経営者向けの内容です。

Search